納骨供養のありかた


時代の有り様と共に、先祖供養や墓地のあり方も変わってまいりました。
ご本人はもとより家族や両親など、将来の墓地についてお悩みの方々が多い昨今、末永く心安らかに御遺骨を安置・供養できる場所が求められているのではないでしょうか?
そこでお寺に御遺骨を預けてみてはいかがでしょうか?
まず無縁になることはあり得ませんし、いつでもお参りする事ができます。死後に対してご不安を抱く方も安心してお任せいただけるものと思います。
人として生き抜いた証を残すという意味でも納骨された方の御尊名は未来永劫当寺に伝えられていきます。
納骨供養をなされた仏様は、いつも誰かにお参りしていただけ、香煙のたえることはありません。皆様のご先祖の安らぎの霊場として、また子孫の心のよりどころとして、400年法灯と共に供養の心が生きる正福寺の納骨供養をご案内申し上げます。


 この様な方にお勧めいたします。

  ・ご自分の安住の場所を確保しておかれたい方

  ・お子様、跡継ぎが無く、後代が心配な方

  ・遠い所にお墓をお持ちで分骨されたい方

  ・家にお骨があり、納めるところをお探しの方

  ・お墓を近くでお探しの方 

 
 
 

合葬墓

御納骨の方は . . .


・当寺で過去帳を作り本堂にて永代安置を供養いたします。

・共同納骨の方は永代あづかりの為、御遺骨の返還は出来ません。

・御納骨の方は火葬証明書が必要です。

gg2.jpg

gg1.jpg

合葬墓(共同納骨)


 ・納骨料     5万円(セット価格)

 ・永代供養料  30万円(セット価格)

 ・回向料として  3万円

 
 
 

納骨堂(室内墓)

納骨壇

(縦25cm、横22cm、奥行き34cm)


・永代使用料   25〜70万円(年間管理費 5000円)

・永代供養料      30万円(希望者のみ)

  宗派は問いません


現代のお墓事情
最近お墓について様々なお悩みをお持ちの方が増えています。
遠方でお墓参りが行けない、お墓が山手でお参りするのが大変、将来墓守が居らず無縁仏になってしまう、将来子供がお墓を守ってくれるか心配など、様々な問題があります。今の日本において、核家族、少子高齢化でますますお墓や墓守の心配が加速しております。納骨堂は市営・公営の霊園墓地と違い寺院にて永代供養・管理・維持しておりますので安心して頂けます。


当時の納骨堂・お墓が選ばれる理由
納骨堂(室内墓)は通常のお墓(室外墓)に比べて費用的な負担が軽くお求めできます。
天候や季節に左右されず、掃除も不用で納骨堂(室内墓)はお墓(室外墓)と違って劣化することもなくいつでもきれいな場所でお参りできます。跡継ぎのいない方でも、納骨堂に納骨すれば香煙が絶える事が無く、無縁墓になることもありませんし、撤去される心配もありません。納骨頂いた霊位は、通常50年経つと総墓に合葬しますので納骨堂は半永久的に使用することができます。寺院にて納骨頂いた霊位に対し、毎日の供養(永代供養)管理・維持いたしますので、お参りにいけない時でも安心です。お彼岸やお盆などには法要があり、納骨頂いた霊位に対しご供養(永代供養)いたしますので、死後に対して不安を抱く方にも安心して頂けます。
山手のお墓と違い交通の便に左右されず気軽にお参りできます。




n7.jpg


n1.jpgn2.jpg
n3.jpgn4.jpg
n5.jpgn8.jpg

クリックすると拡大します。